ブログ

足羽山公園の桜満開!花見を満喫しました!

河甚旅館から歩いて5分、愛宕坂がスタートです!

愛宕坂わきの道を少し入ったところにある、安養寺のしだれ桜をみてきました。

しだれ桜とソメイヨシノが寄り添うように咲いていました。


愛宕坂の途中で、鮮やかに真っ白に咲くこぶしの花を見つけました。

足羽神社の樹齢360年のしだれ桜は、圧巻でした!

まさに市の天然記念物指定にふさわしい、見事なしだれ桜でした。この桜を見ずして足羽山の桜を語るべからず、といっても過言ではありませんね。

とにかくじっくりと時に遠くから、時に下から見上げてみてください。

また、夜のライトアップもぜひお勧めですよ!

当河甚旅館もぼんぼりオーナーとし足羽神社前に出させて頂きました。足羽山公園中に個人や企業・団体が出資したぼんぼりが吊り下げられています。

橘曙覧の独楽吟にならったうたも入っていて楽しめますよ。

山頂のお茶屋とその前の駐車場は平日でも行き交う人と車で賑わっていました。(茶屋前には10台分の駐車場あり)

山頂には駐車場が少ないので、出来るなら公園入口の市営駐車場においてから花見をしましょう。当河甚旅館でも有料にて駐車可能(一日500円)です。

敷物広げて、お弁当食べるならここです!!

三段坂を登っていくと自然史博物館前の三段広場にでました。

芝生の広場やベンチもあったりして、グループや家族でお弁当など広げてお花見するのには絶好のポイントです。

今、放送中のNHK大河ドラマ「江~戦国の姫たち~」の中で、秀吉が柴田勝家の北の庄城を攻め落とすために、ここ天魔ヶ池あたりに陣地を築いたそうです。

自然史博物館前にありますよ。

臨時派出所前の眺望所あたりです。ここから市内が見渡せます。ちょうどその真正面に、こぶしの大木があって、白い花をいっぱい咲かせていました。

その木の向こうに足羽川の桜並木を見ることが出来ますよ。

桜を見上げながらのお食事や宴会ならここ!

大久保茶屋の前には縁台がいっぱいあって、まさに桜の下でお食事が・・花見て一杯ですね!今日は風もなく暖かくて気持ち良かったですよ。

木の芽田楽やこんにゃくおでんなどはおすすめ!もちろんおろしそばもね!

途中、真っ赤なツバキの花とソメイヨシノの淡いピンクの花が重なり合って咲いているところがありました。互いに引き立てあってましたよ!

桜以外の春の花を見つけることが出来るのも足羽山の魅力!!

当河甚旅館からなら一時間も有れば、足羽山公園の桜を十分堪能可能です。ぜひ、車でなく歩いてゆっくりと見て回りましょう。

時間があればもちろんお気に入りの茶屋でひと息ついて名物に舌鼓打つもよし!何といっても足羽山公園内には10軒ものお茶屋さんが営業してますよ!

★当河甚旅館では、当館作製の足羽山公園お散歩マップをお渡ししています。