ブログ

若狭おばま視察研修会に行ってきました

観光コンベンションビューロー主催の第2回視察研修会に参加しました。
あいにくの雨が降りそうな曇り空でしたが、舞鶴若狭自動車道も全線開通、
お客様へのおもてなし向上を図る一日研修の旅に出発!
若狭道県内唯一の三方五湖PAで停車のあと、
まずは、福井県の一番西に位置するおおい町、青葉山をのぞむ城山公園の明鏡洞(めいきょうどう)へ。
三方五湖PA
高浜・明鏡洞日本海の荒波
続いては、二つの国宝を持つ明通寺へ。雨上がりの紅葉はしっとりと輝いていました。
806年、坂上田村麻呂創建の寺は一見の価値あり!!ご住職の話は聴くべし!
明通寺参道明通寺本堂紅葉の明通寺手水のもみじ
昼食は小浜の料理旅館で地産地消のさかなづくしの美味しいご飯でした。
小浜は古代より朝廷へ食材を納めていた御食国(みけつくに)なのです!
浜焼き鯖とカンパチの刺身、小鯛の笹づけは美味かった!
地産地消の昼食
腹ごしらえのあとは、小浜まちなか散策。
お寺が数多く点在する中を京の町屋のような伝統的建造物保存地区を散策しました。
空印寺には市指定文化財の薬医門と八百比丘尼(はっぴゃくびくに)の入定洞があります。
ガイドの方と一緒のまち歩きで納得の散策でした。
小浜の町並み保存地区①小浜の町歩き空印寺重要伝統的建造物
最後は若狭三方縄文博物館、
三方五湖のひとつで今、奇跡の湖といわれている水月湖の年縞について勉強してきました。
若狭三方縄文博物館
内容盛りだくさんの一日研修でしたが、あらためて若狭の自然と文化を肌で感じた一日でした。