ブログ

街ゼミで汐うにの天たつさんに行ってきました。

商工会議所主催での街ゼミ(福井の銘舗の店主から学ぶゼミ)で、汐うにの天たつさんに行ってきました。
福井の汐うにといえば、長崎のからすみ、尾張のこのわたと並ぶ日本三大珍味のひとつとして有名です。
今日は、ばふんうにから取り出したうにに塩を振りかけて、どう味わいが変化するのかということと、
汐うににまつわる歴史など詳しいお話を、11代目の若主人からじかに伺うことができました。
ばふんウニウニの取り出し
生ウニに塩ふり11代目のご主人
天たつ店内天たつ本店
江戸時代より福井藩松平家御用達として汐うにを扱ってきた天たつさん、
頂いた汐うには濃厚で口いっぱいにその美味さが広がって、
酒のつまみとして、またご飯の上にのせて頂きたい気分にかられました。
今日は汐うにを粉にして甘みを凝縮した「粉雲丹」を頂いてきました。
天たつさんは福井市中心部、片町にあります。